過去ブログ:チャットレディのお仕事とは

これは私がチャットレディを始めてから1年後くらいに書いていたブログです。ここから今では5~6倍の報酬を得ることができています。以前書いたものをそのまま代理店を掲げたブログに載せていいものか悩みましたが、ありのままに私が考えたことを知ってほしいのでここに残します。

チャットレディて何だって思いますよね。

私も始める前はそう思ってました。

私が体験してみて思ったこと。

チャットレディというのは、男性にとって『お話してエッチな事もできるネットアイドル一般人バージョン』!!!

て感じでしょうかぁ・・・。

分かりにくいですね!

要はインターネット上で”男性とお話ししたり疑似セックスして男性を癒す”お仕事です。

チャットレディを始めるまでこのような世界を知らなかった私。

こんな事をやってる人が世の中にいるんだぁ・・

と驚いた記憶があります。

チャットレディにはアダルトと、ノンアダルトとあります。

アダルトはチャットレディのお洋服を脱いだりお胸を見せたり・・という事が含まれますが、

ノンアダルトには上記の行為はありません。

アダルトとノンアダルトは登録するサイトによって異なり、自身で選ぶことができます。

つまり、絶対にアダルト行為はしたくない!という方はノンアダルトサイトに登録すればOKです。

私はどちらのサイトにも登録しています。

どちらが稼げるかというと、同じ時間稼働した場合、やはり課金額の高いアダルトサイトの方が稼げます。

しかし、トーク力を磨き準備を念入りに行えばノンアダルトでも稼げる!というのが私の見解です。

チャットに来る男性はアダルトな事だけを目的に来る人もいれば、お話を楽しみにして来る人もいます。

実際にどんな会話をするのかというと・・・

アダルトだと、

「こんな格好して!」

「こんな事言って!」

「お◎にーして!」

という男性からの要求が多いです。

ノンアダルトでいうと、

例えばめちゃくちゃ映画に詳しい男性やめちゃくちゃご当地土産に詳しくてそれについて女性とお話したい男性。

女性が食べるのを見てるのが好き、女性が寝てるのを見てるのが好きな男性。

女性と一緒に官能小説を読みたい男性、女性の足だけを見てたい男性。

疑似恋愛をしたい人、はたまた男性自身が自慰行為している所を見られたい人・・など。

このような男性方の希望を叶え満足できる時間を提供する事がチャットレディのお仕事なのです。

本当に本当にいろんな人が来るので、もともと物知りな人や人見知りしない人、他人に関心がある人は得です。(じゃないとチャット中眠くなる・・)

少し話がずれましたが、準備を念入りに行うことでノンアダルトでも稼げると書きました。

準備というのは具体的にいうと、お化粧、服装をきちんとする、チャットする場所の環境づくり、照明を含むチャットしやすい機材を揃える、営業メールをする、という事です。

これらはアダルトサイトでチャットレディをする時にも共通して言える事ですが、

ノンアダルトサイトでお話しだけだからといってノーメイクでお部屋が散らかりっぱなしで仕事してもお客さんは来ないということです。

ちなみに私は自分のお家でチャットをしているので上記を全て自分で揃えていますが、通勤チャットレディの場合は事務所がチャットルームを持っており上記は全て事務所の方が用意してくれます。

2~3畳くらいのお部屋にソファ、パソコン、ウェブカメラが完備されています。(設備は各通勤事務所によって異なります)

チャットレディはこのような環境で男性とチャットをするのです。

仕事中、どんな男性が来るか分からないので、どんな人が来てもいいように気持ちの面でも環境の面でも整えておくことが大切です。

また営業メールも準備として書いたのですが、例えば自分がログインする前(仕事前)に「これからチャットをしましょう」というようなお誘いメッセージをしたり、チャットを終えた男性に「今日は来てくれてありがとうございました」とお礼メッセージをすることも、とても大切だと思いました。(メッセージはサイト内のメッセージ機能です。)

男性目線から考えればその意味合いが大きい事は分かると思います。

私も意識的にお礼メールをしていますが、実際にお礼メールを送った男性が常連さんになってくれました。

ここで話を一番初めに戻しますが、チャットレディはネットアイドル的要素を持っていると感じます。

アイドルって自分で言うなよ・・って感じですが・・

アイドルじゃなくてもいいんです。

芸人でもタレントでも表現は何でもいいのですが、不特定多数の男性に見られる仕事ということです。

なので、どれだけ自己プロデュースできるかがすごく大事だと思いました。

しかもインターネット上なので全てをさらけ出す必要はない。

キャラ作りをしっかり行った上で男性とチャットをすると仕事しやすいと感じました。

チャットの一連の流れで一番大変なこと、それは最後のお礼メッセージとメモ!!!

メモは一回のチャットが終わったらその都度やっていかないと、誰がどんな人だったか忘れてしまいます。

その男性がどのような男性だったのか覚えていく事で話がはずみ、常連さんになってくれます。

お礼メールは私は入室してくれた人全員に個別に書いています。

まあ~これも大変w

楽しいチャットをした人は覚えてるけど短時間だけの人は話の内容を忘れちゃうからお礼メッセージの書きようがないw

それでもこのひと手間が大事と言い聞かせてちゃんとやってます。

通勤でも在宅でも好きな時間に仕事ができるので、生活スタイルに合わせて仕事することができ、私はそこもチャットレディの良いところだと思っています。

・・・・・・と、チャットレディがどんな事をしているのかを思いついたままに書いてみました。

まとまりがないですが、多少お分かりいただけると幸いです。

興味がある人は是非参考にしてみてくださいね。